夜。

寝ようとした自分のベッドが猫に侵略されていたので、毅然とした態度で「もう寝るからベッド明け渡して!」と猫を追い払って寝た。


 

 
・・・なんてことはもちろんなく、



侵略された端に入れてもらって小さくなって寝る。



尻がベッドから落ちてるのは腹筋でカバー。

うん、寝れるわけがない。



ヘタレなまーちゃん。

「どいてよ~寝れないよ~狭いよ~」

と、全然困ってない声で猫どもに懇願。

迷惑と喜びを量りにかけたら喜びの方がちょっとだけ大きかったらしい。


 

 
まったく。

ダメダメなやつだな!

厳しくいくところは厳しくいかなきゃ。

メリハリよ、メリハリ。

はなならビシッと「どきなさい!」でどかしてやるけどね!











どかすの?
 

 
やーだあ!

そんなわけないじゃん!

こんなきゃわゆいごまたんを!

あ、そのままはなと今夜も一緒に寝てね。

ガンガンもたれてくれてかまわないからね!

モフモフさせてね!

ごまたんのお腹、今夜もモフモフちゅっちゅー!!


 

 
・・・。


 

 
どヘタレなアホはあたしですどうもすいませんでした。