今朝。

出勤前のまーちゃんから、“真夏用のひんやり敷きパッド限界発言”いただきました。

毛布かぶっても、体温が下にもっていかれるそうです。

ひんやり敷きパッド、シーズンオフもめっちゃ仕事します。

おかげでまーちゃん眠れないそうです。

大事件ですね。

でも、一晩中いびきかいてるから寝てるよと言ったら、それ俺寝てないから、と言われました。

起きながらにしていびきかいてるってことでしょうか。

それなんていやがらせ。



幸い、すぐに冬用のもこもこ敷きパッドが取り出せたので、すぐに交換してあげました。

これで、今夜からはぬくぬくして眠れることでしょう。

よかったですね。

これで、今度は深い眠りでいびきをかくわけですね。

どっちにしろいやがらせ。



はなが夜型人間になるのは8割がたまーちゃんのせいだと思います。

まーちゃんのいびきは、2部屋離れても聞こえます。

狭い家で、もう逃げ場なしです。



まーちゃんのいびきとジャイアンリサイタルなら、ジャイアンリサイタルをとります。

だってジャイアン昼間だもん。

夜中のジャイアンリサイタルこと、まーちゃんのいびき。

寝物語には少し(かなり)(いや、ものすごく)重たい調べ。



今なら、設定から滑舌から妙にはっきりした寝言つき。

これはスペシャルですよ~。

なかなかないですよ~。

はなが一番衝撃だったのは、明け方4時に突然いびきが止まり、口をもぐもぐさせての、

「ハム、おいしいねぇ~」

呼吸止まるかと思うほど笑いました。



・・・結局安眠妨害されてんだけどな。


 

 

 
ここから今日の本編。

上?

ただの愚痴。



白猫うーちゃんは、最長老のくせに協調性が低い。

折り合いの悪い相手が何人かいて(まめとかまめとかまめとか)、ゴハンを食いっぱぐれてることもしばしば。



そんな時は、そっと特別扱い。

無理やりみんなの輪に入れてもパニックになるだけなので、キッチンの片隅でこっそりうまいものを食べさせてあげる。

今は、ぴっくん用に買ったものの無下にされてる缶詰が山ほどあるので、その中からひとつパッカンしてあげた。



うまうまうまうま。



ウェットフード大好きなうーちゃん。

それはそれはおいしそうに食べる。

お腹すいてたよね。

はながちゃんと見てるから、ゆっくり食べな。



しかし。

誰かが何か食べているのを絶対見逃さない男が、うちにはいる。



案の定、何か気配を感じて振り向けば、



いた。



あ、ぼくのことはおきになさらず。



さっきまで隣の猫部屋で遊んでたからいいやと思ったのに、もうこんな近くに。

どこにセンサーついてんだ。

脳みそか?

脳みそ減らしてセンサー入ってんのか?





まあ、後ろにいるなら問題ない。

まわってこればすぐわかる。



もぐもぐとゆっくり食べるうーに視線を戻す。







!!



そこから!?



ひとくち食べられたけど、慌ててちー捕獲。

抱き上げて背後にどかすと、またいそいそとカーテン裏に戻る。

そこはお前の巣か何かか?





ひとくちしかたべられなかった。



ふてくされてるちー。

それでも諦めきれず隙間から監視続行。



隠れてるつもりなのかもしれんが、



足出とる。



1分後には、



もういろいろ出とる



カーテンの裾の謎の折りじわの理由がたった今わかったわ。