例えばこんなこと、あるよね。

可愛い可愛い猫たちにおいしいおやつで喜んでほしくて、ちゅーるをあげようと思いつく。
 ↓
ちゅーるを取りに行く。
 ↓
残り少ないななんて思いながら全部つかんで、寄ってきた子から順番にあげていく。
 ↓
ちーちゃん
つっくん
れんね
うー爺
まめちゃん
あじくん
ルナ様
 ↓
そしてごまたんが最後のちゅーるを完食。
 ↓
あれ、誰か足りないなと気づく。
 ↓
ついでにちゅーるも足りないなと気づく。
 ↓
まあいいや、このまましれっとなかったことにしとこうと決める。
 ↓
振り向く。
 ↓
IMG_1109
鉢合わせる。

はな超大ピンチ。

違うのメロちゃん。
いや違わないけど。
でも違うのメロちゃん話を聞いて。
メロにももちろんあげるつもりだったんだけどね。
人数分あると思ってたんだけどね。
数が足りなかったみたいでもうないの。
IMG_1108
・・・うち、食べる。
 

いやほんとおっしゃる通りなんだけどね。
はなもぜひ食べていただきたいんだけどね。
こちらの不手際で数がちょっと足りなくてね。
メロちゃんの分がないっていう事態がね。
IMG_1111
・・・。
IMG_1112
うち、食べたい。

そうだよね!
おいしいもんね!
メロちゃんちゅーる好きだもんね。
でもごめん。
もうないの。
明日買ってくるから1日待って?
IMG_1113
・・・。
IMG_1115
うち、もらってない。

わーごめんねごめんね。
悲しいよね。
つらいよね。

・・・ううん、
IMG_1122
そんな言葉じゃ生ぬるい。

怖。

この後、引き出し漁って出てきたシーバスープで手打ち。
そりゃもう必死に探したはな。
食い物の恨み、恐ろしや。