少し前のこと。
大好きなペンタと大好きな水遊びを組み合わせると超大好きになることに気づいたつっくん。
ペンタを水に沈める遊びを大発掘。

心の底から大迷惑な話。

何度ペンタを救出しても、救出した数だけ再度水没。
最終的に救出してやらなかったら、しっかり水を吸い込んだペンタを自ら救出しそこいら中を水浸しにするという遊びまで大発見したつっくん。

バカと天才が紙一重でアカン方。

どこでどう止めるのが正解だったのか。
もうどうにも止まらない現実にはなの後悔も止まらない。

いそいそペンタを加えたつっくん登場。
IMG_9935
お水の上でスタンバイOK。
ためらうことなく放り投げる。
IMG_9944
えいえい。
やあやあ。
IMG_9945
とおおお!

すでに楽しい。

IMG_9953
つっくんに対して、なぜか態度が柔らかいれんね嬢。
いたずらしかしてない坊主の姿を見つめる瞳は普段と違ってどこか穏やか。
IMG_9959
じー。
IMG_9960
えい。
IMG_9966
揺れるペンタはなかなか捕まらない。
よーく狙って
IMG_9968
カプリ。
IMG_9969
持ち上げる。

でも、
IMG_9970
なにこれおもいの。
IMG_9971
ボトッ。

・・・。

何してくれてちゃってんの、つっくん。
はなのエデンの布団の横があふれんばかりの大水害。

水たまりの中で佇むのは、
IMG_9975
水をこれでもかと吸ったペンタ。
IMG_9977
あー・・・。

「あー・・・」じゃねえよ?

つっくん、床びっちゃびちゃだよ。
誰か拭くと思ってるの。
IMG_9979
カプリ。
ぼくそんなのしらないの。
IMG_9980
すっく。
IMG_9981
ボトボトボトボト。

絞り出されるペンタ水。

ちょっと!
水こぼれてる!
めっちゃ出てる!
傷をひろげるのやめなさい。
IMG_9982
なにここぬれるの。
じりじり後ずさる張本人。

動くのやめて!
水の出どころはあなたの口よ!
IMG_9984
ぼくの・・・?
おくちから・・・?
IMG_9985
再度水を吹いてる残念なペンタ。

確実に増え続けている被害。

はなは起動修正を試みる。
つっくんつっくん。
ちょっとそのペンタ少しだけ貸してもらってもいかな。
IMG_9986
いやなの!
ぼくのなの!
IMG_9987
わたさないの。
IMG_9989
ぜったいわたさないの!!

ちょ!
わかったから!
待ってお願い動くと水が・・・!
IMG_9990
逃亡。

残されたあとには、
IMG_9983

IMG_9991
びったびたの事件現場。

誰が掃除すると思ってんだ茶毛坊主。

雑巾片手に20分。
ようやく部屋の中を拭き終わった頃、
IMG_9998
乾いたペンタと張本人帰宅。

ペンタが乾いているということは、水は家中にまき散らされたという悲しい現実。
つまり、このあとはなは家中の拭き掃除に移行させられるという事実。

つっくん、もう水遊び禁止だからね。
ペンタ水没させないでよ。
IMG_9999
さて、やるの。

話を聞け。

ちーなんて可愛いもんだったと思える日は、一生こないと思ってた。