PC版のデザインを変えてみました。
シンプルイズべスト。
見やすくなれば幸いです。
スマホは今まで通り、変わってません。
タイトルロゴはそのうち綺麗にします。

<本編>
ついに、はなの寝る場所が正規の寝室へ移動になった。
とはいっても、踊り場ひとつ隔てただけだけれども。

理由は、猫部屋が狭くて布団が置けなくなったから。
まーちゃんが個室化していた部屋に布団を持ち込み、ついでに腹筋マシンも持ち込んだ。
おかげで猫部屋は広くすっきりした。
これで、夜中に猫が降ってくることも駆け抜けることもずぶ濡れペンタを持ってこられることもなくなるわけだ。

悲しいのか寂しいのか嬉しいのか安心したのか。
気持ちはなんだかとても複雑だけれど、隣の部屋だし猫扉もついている。
何かあれば来れるだろう。

ここは、邪魔されず寝られる日々をエンジョイしようじゃないか。
ビバ!ゆっくり眠れる幸せ!
ビバ!自由にうてる寝がえりって楽!

でも、
IMG_1057
目が覚めるとこの景色。

夜中の間にいそいそやってきたごまたんが、自らinして腕枕。
IMG_1065
なぜ布団をかぶっているのか。
IMG_1063
なぜはなは腕枕をしているのか。 
IMG_1064
チラ。
細かいことは気にしないの。

はなはいつになれば起きる許可が出るのだろうか。

ごまたん、はなもう起きたいんだけど。
ごまたんはまた寝直してもいいから、とりあえず一旦起きてくれない?
ごまが起きて切れないとはなもずっと起きられない。
IMG_1051

IMG_1053

IMG_1052
・・・。

機嫌最悪。

まだ寝たかったアピールがすげえ。

おはよう、ごまたん。
世の中もう明るいよ。
ごまたんは今日何するご予定?
IMG_1054
腕枕で昼寝。

下僕を解放してください。