この前の話はこちら。
  【閲覧注意】さよなら、ごまたん。前編ー最後の夜は、これ以上ないほど穏やかでしたー

朝。
外は雨。
でも、ねこもり家は平和そのものだった。
IMG_0144
穏やかに眠るごまたんのまわりに、普段通りに過ごす猫ども。
はながべそをかいているのをのぞけば、いつもと何も変わらない。

送る準備をしに下に降りれば。
ちゃんと猫(主に下3匹)にやられないよう棚の上にあげておいた段ボ棺桶が
IMG_0191
なぜか崩壊。

ちびども集合!
あんたたち何してくれてんの!

いつも通り。
何も変わらない。
騒がしくて。
トラブルばかりで。
でもおかしくて。
毎日笑って過ごすねこもりさんち。

ああ。
そうだったね。
忘れてたよ。
ごまはそんな中で育ってきたんだよね。
笑って送ろう。
ごまの大好きだった家族のままで。
IMG_0224
そっと横たえる。
黄色い服は病気の象徴すぎるので脱がせて、ずっと着ていたアウターを着用。
IMG_0226
でもハゲたままのからだは寒そうなので毛布でおくるみ。
そしたらおまちかね、
IMG_0229
食べ物投入。

入るだけ目一杯ぎゅうぎゅうに押し込む。
向こうで食べな。
みんなで食べな。
IMG_0230
あんたが食べたくて仕方なかったカリカリもたくさん入れたからね。

お別れは、おのおの自由にまかせた。
闘病期間が長かったから、猫だってたぶんわかってると思う。
IMG_0237

IMG_0240

IMG_0252

IMG_0233
でも、
IMG_0257
あじくんだけは、しばらくそこから動かなかった。

最後に、ミドリちゃんが滑り込みで焼き魚を調理。
大好きだった鯵とこれから食べさせてやりたかったさんま。
グリルで焼いて、
IMG_0608
丸で投入。
IMG_0609
存在感よ。

外の雨が少しだけ小ぶりになった昼過ぎ。
ごまたんは、ねこもり家を出発。
車内は微妙に焼き魚のいいにおい。

火葬に来るのは、トータル5回目。
火葬場が新しくなったので、ここにくるのはこっちゃんに続いて2回目。
IMG_0616
まだ新しい火葬場の小さな祭壇でお別れ。
IMG_0617
焼き魚の存在感が邪魔だけど、向こうではきっと喜んでくれるよね。
IMG_0618
おやすみ。
ゆっくりおやすみ。
本当によく頑張ってくれた。
はなは最後まであなたを救うつもりで結局あなたに救われた。
IMG_0620
さよなら、ごまたん。

先に向こうで待ってて。
みんなとのんびりしてて。
IMG_7777

129003

001000

005001

006001

135003

018003

048000

052003

IMG_1149
また会おうね。
003003
にゃん!