実は今日、バイトの面接でした。
スーパーの駐車場にあるちっちゃい箱みたいな奴の中で宝くじ売るバイト。
久しぶりに働く意思を見せたはな。
とりあえずサイズがないので制服有の職場は却下。

理由は、玄関ドアの限界到達。
ゆたかくんとまーちゃんのカギは3回に1回は回らない上、扉を形成するパーツに隙間ができはじめ冬は冷風びゅうびゅう状態。
扉交換で値段を調べたら、安いやつでも30万。
おまけに、リビングにエアコンは取り付けたいし、廊下は地味に床抜けそうだし、車は来年10年目だし、駐車場は雨漏り全力で外物置はすでにサビで扉が施錠できるレベル。
金が…!
金が要るのだよ…!
そんな事実に気づいた2020夏、今日も雨。

面接地は岐阜駅近くのビル。
はなの家からは電車を乗り継いでいくことになるが、そのルートが3つある。
ひとつは、名鉄線で新岐阜駅ルート。
もうひとつは、太多線で岐阜駅ルート。
最後ひとつは、JR線で名古屋経由の岐阜駅ルート。
面倒くさいのは、岐阜駅と新岐阜駅が微妙に離れているということ。
電車に乗り慣れてない上に極度の方向音痴のはな。
昨日お姉ちゃん(という名の他人)と相談して、一番無難な名鉄線で新岐阜駅ルートを選択した。

そして本日。
面接は、滞りなく終了。
適正テストという計算問題や文章問題も、とてもよくできたと思う。
和やかだったし、笑いもとったし(何しに行ったんや)、貴重な話も楽しかった。
条件面で微妙なところがあるから受かりそうにはないけれど、まあそれは結果論。
あとは、来た道を戻るだけ。
新岐阜駅まで歩いて行って、名鉄線に乗って、自分の町まで帰るだけ。
なのに。

新岐阜駅見つからないんですけど。

背後には大きくそびえる一文字足りない岐阜駅さん。
お前じゃねえの。
NEWな方なの。
スマホでナビを開けど開けど、方向音痴は地図が読めない。
道が多すぎてどの道をさしてるのかわからない。
うろうろすること30分。
ミドリちゃんに電話する。

はな 「迷子になった」
ミドリ「どこにいるの」
はな 「後ろに岐阜駅。信号は○○って書いてある」
ミドリ「だったら…(地図調べてる)東に向かえばいいよ!」

東ってどっちだよ。

しかたないので、お姉ちゃんにLINEする。
仕事中だが緊急事態なのでゆるされるはず。

はな 「迷子になった」
お姉 「どこにいるの」
はな 「後ろに岐阜駅。信号は○○って書いてある」
お姉 「なら新岐阜駅は東だよ」

だから東ってどっちだよ。

はな 「その東がわかんない」
お姉 「馬鹿ね。
    太陽見ればいいでしょ」

出てねえよ。

雨だよ。
曇ってるよ。
光のすじさえ見つからないわ。

お姉 「こっちも雨降ってるw」

笑えねえよ。

結局新岐阜駅は諦め、岐阜駅から帰宅するルートを探すことに。
岐阜駅の広さにどん引くも(無人駅が当たり前の町から来た田舎者)、なんとか駅員さんを捕まえ案内所のような窓口に連れて行ってもらうことに成功。
乗り換えが複数ある5分後発車の電車を見送り、乗り換え1回の1時間待ちの電車で帰宅した。
得たものは、1時間強さまよってできた股ずれだけだった。

帰りの電車は爆睡。
慣れないことして、帰宅後も疲労でふらふらのはな。
もう寝よう。
お昼寝しよう。
大好きなお布団で癒されよう。
IMG_9147
だからどいて。
ちーちゃんそこどいて。
はなそこでゆっくり寝たい。
IMG_9168

IMG_9167

IMG_9166
いや。

ふざけんな。

IMG_9101
ちょうきもちいい。

まじふざけんな。

シングルベッド、超狭い。