今年買ったヒット商品、かき氷器。
例年より蒸す暑さにうだってる日々にささやかな清涼剤。
夜気が向くと、誰彼ともなくショリショリし出しすスグレもの。

今夜の主はゆたかくん。
昼間に草むしり、風呂掃除と張り切ったご褒美にとショリショリし始めた。

ショリショリ。
ショリショリ。
IMG_6873
しょりしょり!?

音にびっくり茶毛坊主。

人生で初めてのかき氷器に興味津々。
ゆたかくんのぎこちない手つきをかぶりつきでご覧になる。
IMG_6877
なるほど。
おとはここからでていたの。
IMG_6880
なるほどなるほど。
しょりしょりいってるの。
IMG_6879
なんかしろいのもでているの!

一事が万事。

おバカな猫大忙し。
IMG_6888
のぞきこむ。
IMG_6891
のぞきこむ。
IMG_6893
のぞきこむ。

心の底からおバカで可愛いと思っている。(親ばか

つっくん、こっちにおいで。
はなの食べてるのあげるから。
まだシロップかけてないから。
IMG_6898
くんくん。
なんにもにおわないの。

要するに水だからね。
IMG_6900
触ってみる。
IMG_6901
握ってみる。
IMG_6903
取ってみる。
IMG_6904

IMG_6911
じー。
IMG_6912
ぺろ。
うまいの。

要するに水だからね。

食べたいなら好きなだけどうぞ。

でも。
横で自分の分を作り始めたゆたかくんがやっぱり気になるつっくん。
謎の道具は理解するまでずっと楽しい。
IMG_6917
じー。
IMG_6919
左。
IMG_6923
右。
IMG_6927
左。
IMG_6928
やめてください。
IMG_6929
・・・。
IMG_6932
・・・。
IMG_6935
不服。

機械を用意して。
つっくんに邪魔されて。
はなの分作って。
つっくんに邪魔されて。
自分の分作って。
つっくんに邪魔されて。
IMG_6952
ようやくかき氷にありつける最下層下僕ゆたかくん。

なのに、
IMG_6950
ぼくたべてあげるの。
IMG_6951
勘弁してください。

でももうつぶ出汁はとっくに入ってる。

火照った体を冷やすかき氷。
大変おいしゅうございました。

食べ終わって出た余裕でつっくんと仲直り。
IMG_6954
ごめんね、つっくん。
また仲良くしよう?
IMG_6958
いやなの。

けち。