猫を飼ってみて知る。
この生き物は本当に寝てばかりいるということ。

3才4才を過ぎると、猫というのはとたんに遊ばなくなる気がする。
あれほど遊び好きだったちーちゃんも、今やひっくり返って腕を振るのみ。
何もしないでのんびり目を閉じている時間のなんと多いことか。

シニアと呼ばれる7才や10才を過ぎてくれば、それはさらに加速する。
もはやゴハン時くらいしか動いてるのを見ないなんてザラ。
場所が変わるだけで、寝姿しか見ていないなんてのが日常になる。
「よく寝る子」で「ネコ」とはよく言ったもんだ。

ねこもり家の猫どもも、大部分がもうおトシ。
意識しなければ寝姿写真ばかりになる事実。
IMG_1754
最近居場所のないうー爺。
IMG_3633
背中が空母。
IMG_3635
れんね嬢。
IMG_1708
肉のついてないルナ様は

ふかふかベッドがお気に入り。
IMG_1753
ごまたんは
IMG_1752
黄色い筒になる。
IMG_3629
天袋のねこちぐらに
IMG_3628
ひっそりまめ。
IMG_1733
ちーちゃんはもう何が何だかわからない姿。
IMG_1736
開けるとこ全部開いてみた。
IMG_1766
メロは可愛く。
IMG_3325
つっくんは箱猫。

超自由。

でも。
IMG_1484
あじくん、
IMG_1482
それはねえわ。

枕の使い方正解すぎるだろ。
猫背は警戒心は猫の矜持はどうした。
絶対中に人間入ってるよね。
IMG_1486
あじくん、はなも寝るからそこどいて。 IMG_1489

IMG_1493
ゴロ。

日曜の父ちゃんか。