ねこもり家寝室。
また、ごみ箱、変えました。

最初は、茶色のおバカさんがビニール袋殺猫事件起こしたことにより撤去。
その後、シンプルイズベストだと天馬のごみ箱を蓋なしで使うも、ハシャイだ茶毛と灰毛が中に入って引き倒すのでごみ箱として機能しないまま数週間が経過。
このたび、ようやく厳選に厳選を重ねた蓋を装着したごみ箱が設置された。

そもそも、今まではいろいろ甘かった。
ちょっと触れただけで倒れちゃうとか、いつでも入れるフルオープンとか。
はな、猫舐めすぎだった。

今回は、いわゆるフラップ式を選択。
ごみを持った手で押すと蓋が空いて、手を抜けば勝手にしまるアレ。
側面にフラップがあるので上にのられても問題ないし、ごみ箱も25Lでしっかりしてて倒れない。
これならごみも猫も守れるという、自画自賛素敵セレクション。

これで問題児茶毛もごみ箱と共存できるよね。
IMG_7580

IMG_7585

IMG_7589

IMG_7592

>IMG_7595
IMG_7597

IMG_7600

IMG_7603

IMG_7618
パタン。

オイ茶色。

何してくれてんの。
何入ってくれてんの。
何お前がごみになってくれてんの。
IMG_7624
ちょっとつっくん!
IMG_7670
はぁい。
ぼくなの。

なじみ方がすごい。

IMG_7637
ぼくこれからおひるねするの。
IMG_7636
あとでまたたずねてほしいの。

なんだそれ。
なんだお前。

ここはお前の家か何かか。

ねこもり家のごみ箱は、また、使えない。