この前の話はこちら
 【寝室ごみ箱リベンジ決戦】ごみ箱が大好きすぎる茶毛VS今度こそごみと猫を守れるごみ箱セレクション。

残念な茶毛坊主がおうち化したごみ箱は今、
IMG_7947
こうなっている。

はなたちが起きてる間はよかったが、よく考えればフラップ扉は入ったが最後自分で出られないという最大かつ最悪の欠点が発覚したごみ箱もとい茶毛ハウス。
深夜にひとり籠ってみたけどでられない茶毛を救出すること数回。
はなは眠気に負けて蓋を外した。

これなら、入ったのに出られないなんてことは絶対起こらない。
なんせ入ったつもりが外に出ちゃってるオープン仕様。
ごみ箱本体は解放したままテレビ台前に移動した。

さあ。
これでもう閉じ込められる茶毛はいない。
どこからでもかかってこいや!
IMG_8175
味しめてる茶毛登場。
きょうもぼくはおうちにはいるの。
IMG_8176
ぱか。
IMG_8177
ぐいーん。

あらやだ床が見えちゃう不思議。

昨日までとは景色も感触も変わってた。

茶毛坊主は考える。
IMG_8138
なんだかきのうとちょっとちがうの。
IMG_8141
ぱか。
あけたかんしょくもぜんぜんちがうの。

でも。
IMG_8146
・・・。
IMG_8144
???

何が違うかはわからない。

IMG_8199
ぼくのおうちなくなったの。

おもしろくないことだけよくわかる。