この前の話はこちら
 【寝室ごみ箱リベンジ決戦その後のその後】蓋をいけにえに守ったはずの本体は入り心地がばれて猫部屋化。
 【寝室ごみ箱リベンジ決戦】ごみ箱が大好きすぎる茶毛VS今度こそごみと猫を守れるごみ箱セレクション。
 【寝室ごみ箱リベンジ決戦その後】茶毛坊主がハウス化したごみ箱はどうやら中から脱出不能だと発覚した。


使えなくなったごみ箱は今、
IMG_8256
こんな感じですっかり猫ハウス。

下位打線3人組の長ちーちゃんが中を楽しみ。
アイドルメロが上から次点。
最下層つっくんは真横で仕える素敵な下僕。
哀れつっくん、近くて遠いハウスの中はもう入れない。
IMG_8246
ここはもうぼくのだから。
ふちに手をかけ灰毛が語る。
IMG_8245
おまえはもういれさせない。
上から目線で圧力かける。
IMG_8242
ドヤ!

本領発揮の暴君ちーちゃん。
IMG_8241
わかっておりますの!

完全服従ヘタレつっくん。

これで対象がおもちゃだったら、こういう事態を予測の上人数分用意もするけど。
ごみ箱取り合う事態が起こるとかレアケースすぎて予測できねえ。
たぶん、世の中できる奴いねえ。
そもそも、猫の人数分あるごみ箱とか邪魔で邪魔でしょうがねえ。

それでもまあ、それなりに仲良く共存する3人。
これくらいのもめ事日常茶飯事。
たまたま今回はちーが強いけど、ノリノリつっくんフルボッコな日も全然あるから問題無。

微妙に見える関係は実は絶妙なバランスで成り立っている。
IMG_8292
くあ。
IMG_8294
あああ。
IMG_8295
ああああああ。

リラックスちーちゃん、大欠伸。

でも。
つっくんはその大きなお口にびっくりした。
ばくりといかれると心配した。
IMG_8298
スッ。
IMG_8304
スーッ。
IMG_8306
…ぼく、みえないの。

頭隠れず尻隠さず。

そんなので隠れられてると思えるんだから、それはきっと絶妙な関係。