本日早朝。
夏に里親募集をした子猫が、わずか半年でその命の幕を引いた。

腎不全末期。
あまりにも早すぎる最期。
入院しても、治療しても、零れ落ちる命は止まらなかった。

野良の子猫だから、出生は当然わからない。
中には、育たない子も持病のある子もいるだろう。
なつ君と名付けられた子猫は、それが腎不全だったのかもしれない。

棺の中には、たくさんのお花とお姉ちゃんたちからのお手紙。
そして、野良の頃には考えられないほどの愛情。
助けてくれた人と受け入れてくれた人たちのおかげで、小さな小さな子猫の人生は豊かになった。

きっと幸せだったんじゃないかな。
そうだったらいいなと切に思う。

どうか、ご冥福をお祈りします。

参考
 【八割れ子猫里親募集】岐阜県可児市から生後2か月のプリティで人懐っこい子猫の里親大募集。