れんね嬢は今、
IMG_2459
血液検査の結果を待っている。

先週、ふと抱き上げたれんね嬢が軽かった。
体中を触れば、そこここに骨を触れられる場所が存在。
年のせいで少しづつ痩せているのは知っていたが、ちょっとこれは急すぎないかと驚いた。

大慌てで病院に駆け込んだのが3月10日。
はかった体重は4.3kgだった。

去年11月の終わりに予防接種に行ったときには5kgあった。
4カ月で0.7kg減。
これはどう考えても早すぎる。
今年の夏に15歳になることを考えても、どこかに何かが起きていても全然おかしくない年齢。
腎臓病。
心臓病。
高血圧に、甲状腺。
いい機会だから、しっかり検査してもらうことにした。

血液検査。
尿検査。
血圧もはかって、異常なし。
病院でできる検査ではおかしなところは見つからない。
なので、センターに血液を送って、詳細な検査をお願いすることになった。

待ち時間はおおむね1週間。
家では、すっかり食の細くなったれんね嬢にゴハンを食べてもらうよう努力中。
病院から帰ってきて、れんねに張り付いてみてわかった。
ゴハンを食べてる姿をよく見かけたと思っていたからちゃんと食べてるような気がしてたけど、回数を重ねてるだけで、1回1回はひとくち分程度しか食べれていなかったようだった。

ちびどもと元気に歩き回ってるから見逃してた。
なんとなく、れんねはずっと生きてるんじゃねーかみたいな気がしちゃってた。
病気か、老化か、気分か、わがままか。
どれにしたって、れんね嬢はもっとかまわれるべき年齢だった。
15歳、還暦はとっくに置いてきた。

まだ元気なうちに、なんとかしよう。
もし本当に病気があるならば、いっそ判明してくれた方が治療もできる。
IMG_2461
ごめんね、れんね。
なんかれんねを子供らと同じ立ち位置で見てたわ。
まずは頑張ってゴハン食べようね。
IMG_2462

IMG_2464

IMG_2465
この存在感。

ちょっとメロちゃん。
れんねの尻を枕にしないで。
IMG_2458
体重はもうきっと逆転。

世代交代は確実にすぐそこまで来てた。