悪性リンパ腫。
食道拡張症。
難治性口内炎。
おまけでちょびっと肛門嚢炎。
ごまたんが戦ってきた病気の名前。
今も患う病気の名前。

「希望も込めて1年」と余命宣告されて早や1年半。
抗がん剤治療に通いながら、半べそかいて胃ろうチューブにゴハンを通した。
それでも痩せていく体がつらくて、どうにか自分の口で食べれないかと流動食から給仕を始めた。
嘔吐と下痢と食欲不振と体重減少を繰り返した。

あれは忘れえぬ闘病の日々。
どれだけ穏やかに逝かせてやれるかしか考えられなかった苦悩の日々。
でも、今は遠い思い出の話。

あの時、3kgちょっとまで痩せたごまたん。
その後、ちゃくちゃくと体重を増やし、
IMG_9563
今やぽっちゃり4.5kg。
あっという間に1.5倍増し。
ハゲた部分もふっさふさ。
先生からは「これ以上太らないでね」と警告済み。
「太ろうね」と言われたり「痩せようね」と言われたり忙しい男。
なんせ、

ピーク時はこの倍あったという事実。

IMG_9566
ごまたん、今人生でいちばん適正体重を生きている不思議。

素敵な美談。
感動ストーリー。
ごまたん九死に一生スペシャル。
奇跡を起こした猫は、そんなこと気にも留めず気ままにわがままに生きている。
IMG_9565
でもね、何でも許されるわけじゃないの。

はなもう寝たいの。
今日すごく疲れたの。
IMG_9560
そこははなの枕です。

がっつり闘病した1年と少し。
命に関わる相手を前に、わがままやおねだりなんて全力ご褒美。
どれだけでも言うこと聞いたし、時間の限りそばにいて、目一杯甘やかした。
その結果、ごまたんの「ご主人様レベル」は限界突破。
自分のおねだりが聞いてもらえないなんて、可能性すら考えない。
ぼくのものはぼくのもの、ママのものもぼくのもの。
IMG_9564
ねえ、それはなの大事なマクラ。
肩こりひどすぎて7980円もするやつ買ったの。
この頃ようやくよくなってきたの。
ごまたんお願い、返して?
IMG_9567
・・・だってボクこれすごく気に入った。
・・・だけどママの体もちょびっとだいじ。
・・・だからボクよく考えた。
IMG_9570
はい。

どけってことだよ。

IMG_9574
使わないならボク戻る。

なにその行動。
ごま自分勝手。
そんなごまたんが生きててくれてうれしすぎるから何にもできないはなチキン。
今日も首をゴキッとまげて、肩こり増幅しながら寝る。

高級枕、超意味ねえ。