いきなり暑くなったと思ったら、いきなり梅雨入り宣言。

急展開すぎるよ。

まだファンヒーターしまえてないよ。



つい先日やっと灯油を使い切って(途中かなり存在を忘れたりもしてた)、いざしまおうとなったら連日の雨。

もう6月。

早くしまいたいけど、梅雨入ったとかゆってたし、実際雨だし。

なんせ、ファンヒーターしまうには、外で2時間空焚きクリーニングをしなきゃいけない。

こりゃ当分無理そうだ。

と、思っていた昼過ぎ。



晴れた!

雨やんだ!

天気予報は?

今日このあと雨の予報はない!

いける!

ファンヒーターしまえるのは今日しかない!



しまいこんであったファンヒーターの箱を出してきて置いた瞬間、



よけいなことしいのちー登場。



顔でふたを開けて



覗き込む。



中味確認。



その結果、







とう!







よさげな気持ち。



そうっと開けてみたら、



へいへ~い。



完全にエンジョイ中。

発泡スチロールの噛み心地を楽しんでる様子。


 

 
いや、今日はいい!

今日はダンボールごときで目くらましができるならいいんだ!

とにかくファンヒーターをしまうために空焚きクリーニングする方が優先だ!

やり方を忘れた!

とにかく説明書だ!


 

 
叱られないちーは、エンジョイタイム続行中。



一度出てきて



もう一度







ズボッとな。



よさげな気持ち2。


 

 
ちーがダンボールに気取られてるうちに、ファンヒーターのクリーニングのやり方を探して説明書をめくる。

去年もやったはずなのに、やり方が全く記憶にない。

記憶容量が年々怪しくなる最近は、説明書は必須アイテム。



なのでどいてもらえませんかね。
 

 
あっという間にダンボールに飽きたらしいちー。

今度ははなが必死に見ている説明書が御所望の様子。

いや、コレはあげられませんよ。



なんで驚くの。



見たいのはこのページじゃないはな。



とりあえず、ちーを右にずらす。



不満そう。



全力で不服アピール。



邪魔なのでちーごと撤去。



その手もどけて!



やっとクリーニングのやり方判明。

ファンヒーターを外に持ってって、灯油缶の下の受け皿にたまった灯油を付属のスポイトで抜いて、灯油を全部カラにしたら、

コンセントさして、灯油缶セットして、クリーニングボタンを長押しすると2時間かかる空焚きがスタートする、と。

確かにそんなこと去年やったな。

スポイトは・・・



ぼくがもってる。



・・・。



返して。



イヤ。



ぼくの!



渡さぬ!


 

 
スポイト取りあげても、返せ返せと騒ぐちー。

ちーのおかげでちっとも進まないので、そのへんのものぜーんぶ箱につめて外に持っていって作業したら、あっというまに空焚きクリーニングがスタートできた。

ここまできちゃえば、あとは空焚きクリーニングが終わったファンヒーターを綺麗に拭いて箱に入れてしまうだけ。

なんとか日のあるうちに終われそうだ。



さあ、家の中に入ろう、と窓を振り返ったら、



網戸越しにこちらを見つめたちーが



全力で不満な顔してた。