最近あじくんが冷たい。

 
確かに今年は、ぴっくんが腎臓病発病したり、ごまが肛門嚢炎再発したり口内炎発症したり、ライライの牙抜けたり、手が離れる想定だったちーが全く成長を見せなかったりと、ばたばたしていた。
その結果、特に問題のなかった子たちにしわ寄せが来ていたのもわかっている。

 
特にあじくんは、ものわかりのいい子だから甘えにきてないんだろうということにも気づいていた。
忙しさにかまけて、元気だからヨシと判断したことが多々あったことも認める。

 
でも、
003
浮気はダメ絶対。


011
うっとりしておる。
012
寄り添う手。

 
寂しいあじくんと、いつでもがら空きな人気薄まーちゃんが出会ってしまった。
一気に縮まる距離感。
持ってかれている!
もうメロリンなっちゃってる!
普段はブタ鼻で残念なあじくんが5%増しで可愛く見える!(わりと少ない)

 
009
お見せできないのが残念すぎるまーちゃんのドヤ顔。

 
自慢か、自慢なのか。
うらやましくなんかあるぞコラァ!
今までのことは海より深く反省しますから帰ってきてくださいゴルァ!

 

 
014
あ まーーーーい。


もはや、誰も邪魔できぬ2人。
いい年したオッサンともっといい年したオッサンのいちゃいちゃ風景。
ふーたりのーためーせーかいはあるのー♪

 

 

 
そんな時に限って空いてるはなの膝。
ちょっと今やめてって時には2匹も3匹も同時に乗るくせに、肝心な時ってこんなもん。
今来てよ。
超空いてるよ。
寒さと寂しさが一際染みる。

 
すぐ横で繰り広げられるは、あじくんとまーちゃんの甘い関係。
目の前で繰り広げられるは、
015
ちーと赤福の甘い関係。

 
何してんのあんた。

 
猫のくせに餡子狙うのやめて。
なにこれ「あ まーーーーい」じゃないよ。
餡子に鼻突っ込まないで!

 
はなとちーの(なにか違うけど)甘い(ものが絡んでる)関係。

 

 

 
ちーが鼻突っ込んだ赤福は、まーちゃんが(その事実を知らぬまま)おいしく召し上がりました。
赤福は餅しか食べない、甘いもの苦手なはなの“赤福から餅だけ取り出す技術”の前では、ちーの鼻跡消すくらいお茶の子さいさいでした。
小物なはなのマジで小さい復讐。