ちーが1度も入ったことのない部屋。

気になって気になって、ずっと入りたかった部屋。



今日はそこに入れてあげる。



洗面所。



ほうほう。

こんな風になってたのか。



ひんやりした床を楽しむ。



この奥は何かな。



入ってみよう。



どうぞどうぞ、入っちゃって。

本当の用事はそこにあるから。


 

 


風呂蓋に興味を示し、



シャンプーやボディーソープの香りにつられる。



しかし腰は引けている。



風呂場のドアを閉めたら、



はなの足にすり寄ってきて、



ちょっと鳴く。



そして、ピンクのスウェットからのぞくはなの足が太い。

ちー本体より太い。

大問題である。

これがふとももではなくふくらはぎであるということ。

もうほんとに大問題である。


 

 


まだ探検しようとするちー。

シャワーを持ってお湯を出したら、



この顔。



体中の毛を逆立てて驚いた。



背中も



しっぽもボン。



そして、



唐突に何かを理解した。


 

 
そこから先はもうただただパニック状態。

シャワーのお湯から逃れようと、



ボディタオルによじ登り(このあと落下)



はなによじ登り



この顔。



跳ね回るちーをなだめすかしながらシャンプーして、

終わった頃には



色合いもそのまんまな濡れ鼠。

ガリガリこっちゃんと違い、けっこう中身つまってた模様。



なんだとう。


 

 
洗面所でしっかりタオルドライ。



ちょっとだけ怒ってる。



剃られても濡れてても黒い金玉ちゃんを見せながらプリプリして立ち去る。

またのご利用お待ちしてマース。



自分でもいいッスか。



・・・あじくん、シャンプーされたいの?


 

 

 
人間の子供のプールと一緒で、ずぶぬれにされてくたくたのちー。

毛づくろいもそこそこに爆睡。



おかげで、乾いた毛皮は



もっさりしてる。