猫に人気のファンヒーターの前のフカフカカーペット。
135
今日はこっちゃんがゲット。
マフマフ毛皮で事足りる気がするが、毛皮の奥まで浸透する熱風をまったり楽しんでおられる。


目が覚めたら、誰も使っていないトレーニングマシンにしがみつく。
137
ケリケリケリケリ。


フットバーつかんで、蹴りの連打。
ノってきたこっちゃんは止まらない。


オイラがんばる!
オイラできる子!


頭に浮かんでるのは誰?


5分後。
149
・・・誰か助けて。


捕獲されてる。


何してるの、こっちゃん。
ついさっきまで、ウレタンに抱きついてノリノリだったじゃん。


それがぁ・・・
148
この手がとれなくてぇ・・・
151
ふぐぐ・・・
152
ぎゅうう・・・
150
とれなくてぇ・・・!!


左手を軸に悶える猫。
ウレタンがボロボロになるからやめて。


手助けして外してやったら、
154
・・・ありがとう。
でも、もうほっといて・・・。


感謝はしてるが、心は折れてた。


それを一部始終見ていたのは、
080
末っ子ちー。


もしかして、こっちゃんが脳内に描いたかもしれない相手候補ナンバー1。
見られたくなかった相手であることは間違いない小僧。


でも、小僧はそんな失態に興味津々。
ガッツリ見た挙句、
083
こっちゃん、みっともなかった。


お前もな。