晩御飯のエビフライをまーちゃんに揚げてもらったら、



真っ黒になった。



 
その黒さに大爆笑してたら、

はなも冷奴の乗った皿落っことした。

足元にいた、れんねの上に。



大爆笑するまーちゃんに軽く八つ当たりしてから、片付け。

つぶれた豆腐と、とっちらかったねぎと、海と化した昆布だし。

そして。

頭にねぎ乗っけてどっか走ってったれんね。



 
濡れタオルと乾いたタオルと持ってれんねを探す。

昆布だしのいい匂いのする足跡を拭きながらたどると、



寝室のはじっこで超怒ってるれんね。



れんね大丈夫?

濡れちゃったよね。

ねぎとれてよかったね。

タオルもたくさん持ってきたよ。

(だいたいちくわ欲しさにキッチン根城にしてるほうが悪いんじゃねーのとか別に言ってもいいんだけどソレは今言うときじゃないよねビビってるわけじゃないわよアタシはただ空気読めるタイプなだけ)

是非そのお体をこのどうしようもないワタクシめに拭かせてくださいませ!!

まごうことなきチキン対応。



年取って気難しい婆・・・お嬢様になられたれんねはかまわれるの嫌い。

そんなはなの申し出もあっさり却下。



ご自分でなさるそう。



さようでございますか。

昆布だしかぶったんで、けっこう念入りにやらないとにおい取れないですよ。

ずっと昆布だしくさいですよ。

気をつけて下さいね。



早!!



なってない!

なってないよ!

めっちゃ昆布だしくさいよ!

後頭部、



こんなんだよ!

雑すぎるにもほどがあるよ!


 

 

 
怒るれんねをおさえて、濡れタオル→乾いたタオルでフカフカ綺麗にしたころには、れんねの怒り最高潮。

2度とアタシに触るな!くらいの勢いでプリップリして部屋から出て行かれた。



でも大丈夫。



2時間後。



ではお言葉に甘えて。

なでなでなでなで。



雑な性格最高。