ごまたんが低空飛行ながら安定を見せ始めた。
いい傾向だ。


ステロイドをやめてからずっと飲んでる痛み止めメタカム。
最初考えていた「1日おきにしたい」なんていう希望はサックリ捨てた。
今は毎日おいしく召し上がっていただいている。
差し出せば喜んで舐めてくれるので、そこは相変わらず助かっている。


最近は、それにくわえて殺菌消毒目的のオイルを使うようになった。
少し指にとって、口の中に直接塗るのだ。
目的はもちろん、口内環境の改善。


医薬品ではないので、サプリというカテゴライズになるモノらしい。
効果があるかは個人差があるけども、自然由来の成分のみでできているのでまかりまちがっても害はない、ということで使ってみることにした一品。


ただこれが、恐ろしく臭くて恐ろしくマズイ。


先生や看護士ちゃんが使ってみた猫は「涎が滝を作り」「口から出た泡が髭になり」「その状態で猫が嫌がって頭を振るのでまわりがとんでもないことになった」らしく、難易度は高いと脅されていたが、幸いなことにごまたんは、全力で嫌がりはするもののそのまでの拒否反応は見せなかった。
今は、ちゅーるをスタンバイした状態でふたりがかりでオイルを塗り、タイミングを見計らってご機嫌取りのおやつ進呈、そのちゅーるを見たちーがおさまりがつかなくなってちゃっかり自分もいただく、というのがひとつの流れになっている。


昨日、メタカムがきれたので病院にごまたんを連れて行った。
いつもの定期通院。
体重は5.2kgまで落ちていたけど、口の中の様子を見る限りでは、ほんの少しではあるけど改善が見られてるのではないかと言われた。


ごまたんの口内で一番ひどいと思われる向かって左下の部分。
真っ赤になって腫れあがって、更にその皮膚さえもべろんとめくれていたのが、薄く膜を張ったようになっている、気がする。


少なくとも経過が悪くなってはいないことは確かなので、しばらくはこれで様子見になった。
毎日のメタカムと、1日おきのオイル塗り。
あと、体重減が少々気になるので、a/d缶を1日に半分あげることにした。
かつてa/d缶さえ嫌がってた時を思えば、これを選択肢に入れられるだけ楽になったというもんだ。


ご帰宅ごまたん。
019
去年は8.8kgあったごまたんが今や5.2kg。


すっごい痩せたのに。
抱っこしたらわかるのに。


なぜか見た目には表れにくいタイプ。


あまった皮がだるんだるん。
走ると揺れる、つかむと伸びる。
どこを触ってもやわらか仕上げ。
020
失礼しちゃう、ボク。


少々無理目にゴハン食べさせたり、ドまずいオイル塗ったり、病院連れてったり。
どんなに嫌なことされても、ごまたんの根っこは、はな命。
027
痛い、辛い、悲しい、寂しい。
そんな夜は絶対はなの横。
ぴったり張りついて撫でてもらって眠りにつく。
028
かつて、エリザベスカラーをした状態でも「ふとんに入れて」「抱っこして寝て」と言ってきた。
元気な夜は一人寝満喫するくせに、最近は割と頻繁にいらっしゃる。
031
ゆっくり寝てね。
明日はもう少し楽になれるといいね。


そういえば。
先生にちーが太いって伝えたら、(大爆笑で)ちーちゃん連れておいでってさ。
よかったね、体重はかってもらえるよ。
102
ぜんぜんたのんでないきもち!


頑張れ、丸いボディダイエット。