昨日は夕方に近所のお姉ちゃん(という名の他人)から呼び出されたはな。
腹立つことがあったというお姉に付き合って、飲んで飲んで飲まれて飲んで。
どうやって帰宅したかもわからない状態で、今日の朝もとい昼、二日酔いで目が覚めた。
ああ、帰ってからブログ書こうと思って忘れちゃったわと思った。


なんなんですかあの記事は。


書いた記憶全然ないんですけど。
書こうと思ってた記事とも違うんですけど。
いわゆるコレが“小人の仕業”?


小人さん、ありがとう。
内容はともかくありがとう。
はなの人生、わりと小人が活躍中。(記憶なくしすぎ)


<本編>
猫が愛してる日用品ランキングをやったら、間違いなく上位にくるであろう一品に梵天付き耳かきがある。
なんだそのランキングとか言うツッコミは無視。
我ながら、出だしに困った感が出過ぎてるので無視。


耳かきの反対側についた白いふさふさ、それが梵天。
あいつが、まー恐ろしいくらい猫をそそるそそる。
069
なにあれ。
070
ふさふさしてる。
071
これちょういい!


もう猫まっしぐら。
耳くそもゆっくり掘らせてもらえない耳かきなわけです。


でも綿棒って物足りないのよね。
やっぱり竹の耳かきでこりこりしたいよね。


しょうがないので、少しだけちーのお相手。
これで飽きてくれること希望。
050
うらうら。
049
バシ。
051
うらうら。
046
ポフ。


弄ばれてる。


063
うりうり。
066
うらあー。
067
キャッチ。
ちーちゃん、もうはなしたくないきもち。
089
ねちねち。
088
ねろーん。
はなちゃん、もう離していただきたい気持ち。


いやだはなさぬとちーに抵抗されたため、救出が遅れた梵天様。
そりゃもうすっかり、
090
長所が壊滅。


皆無になったフサフサ要素。
そのかわりにどことなく生臭いカリカリ臭がオプションで追加。
残念なことに、そのオプションの外し方はわかりません。


けっこう遊んだ。
しっかり遊んだ。
これで安心して耳がかけるはず。
074
ぼくこどもじゃないから。(ダウト)
もうあきた。(信頼度はゼロ)
もうふさふさしてないしつまんなくなった。(自業自得)
075
みてるだけだから。
もうつまんないから。
そそられないから。
076
シュッ。
077
なるほどなるほど。
ほんのちょっと、いいかもしれない。
082
・・・もうちょこっと。
・・・いいかもしれない。
079
パク。
083
このやろこのやろ!


おいそこの子供。


めちゃくちゃハシャいでるやないか。
全然どっぷりハマってるやないか。


梵天付き耳かきで耳掃除する時は、目を輝かせた猫族に気を付けましょう。


耳掃除終了まーちゃん。
次は眉毛抜き。
085


086
コレじゃない感がハンパない。