こっちゃんは秋に映える夕焼けカラー。
025
沈みかけた空の色がよく似合う。


021
本人もこの時間の散歩が好き。
世界が静かになったこの時間に、少しだけ外を楽しんで帰る。
022
家の中の明かりも確認。
帰るべきところもちゃんとわかってる。
018
今日も楽しかった。
お外遊びはまた明日。


ちーちゃんは光が落ちかけた夕闇カラー。
026
これ以上暗くなるとあじくんが消える闇カラー。
034
草にまみれて
037
草を食べて
031
また草にまみれる。
それがちースタイル。


でも。
夏にこのアルミの踏み台で痛い目にあったちーちゃん。
気なしでのった踏み台が跳ね上がるほど熱かった。


それが忘れられないちーちゃん。
あのふみだいにはあんまりのりたくないきもち。


だから、
039
シャッターの桟がマイルート。
042
・・・靴下、いるかね?