休日の
123
まーちゃんとちー。
玄関で遭遇。


パチンコ行こうとしたまーちゃんと、おやつもらえないのが面白くなくて家中ふらふらしてたちー。
どっちもどっちなふたりが、たまの交流。
124
なでなでなでなで。
テクニックはないがパワーで押すまーちゃんの愛、炸裂。
125
…ちょっと。
126
まーちゃんごときがぼくのこともみほぐしていいとおもってるの。
127
やん。


決して上手ではないのに、なんか妙なツボを刺激されるちー。
プライドが許さぬが、そこはたまらぬポイント。
128
きもちいい。
129
うふーん。
130
いやいやだめだめ。
134
でも!
135
もう!
136
それいじょうしたらぼくかむ!
137
ふう。


ちーの弱点の尻側の背中。
大きくガッシュガッシュと撫でてやると、身もだえするほど気持ちいい。


リンダも真っ青。
まーちゃん、そこをピンポイントで狙い撃ち。
138
おおおおおおおおおお。
143
ぼくさっきそれいじょうやったらかむっていった…。
141
かむって…。
142
ああああああああああ。


尻も口も大興奮。


気持ちいい。
でもやるせない。
これがはな相手ならなんのためらいもないくせに、微妙なプライドが邪魔をする。


初対面さんには慣れるまで時間がかかるくせに、慣れりゃ見事な御開帳でおまたもおけつも大サービス。
シャイなのか照れ屋なのか人見知りなのかバカなのか。


今回も、
147
陥落。


もうすきなだけなでてくれたらいいきもち。