お腹がハゲてるライライは、薬の影響と1年間での体重減少幅が大きかったのもあって、夜に1回だけウェットフードを食べるようになった。
ウェットフードは、ごまが途中で嫌になったミャウミャウのパウチ。
他、各種残り物。


大きな肉の塊が入ってるようなものでなければ、なんでもおいしそうに食べてくれる。
好みにうるさくない女、ライライ。
涙が出るほどいい子。


食事場所は、テレビと反対側のこたつ横。
もともとライライが好んで座っているところ。


そして、
036
アリーナ席は即完売。
038
奪いません。
鳴きません。
手も出しません。


見てるだけ。
039
あじくんとれんね嬢。
じっと待つタイプのふたり。
041
待ってる。
042
待ってる。
043
待ってる。
045
入眠。
046
待ちくたびれて飽きた模様。
なんせおばあちゃまご高齢。


残った分はもちろんどうぞ。
そこでも、れんね嬢が優先であじくんは待つという順番ができている。
ライライを待てるれんねも、れんねに譲れるあじくんもどっちも素晴らしい。
涙が出るほどいい子たち。


かたや、ごまのゴハンを狙うちーちゃん。
どんどん減っていく仲間を尻目に、未だ現役ゴハンハンター1号。


でも、2歳になったちーちゃんバカじゃない。
わかってる。
じぶんのばんはずっとあと。
022
でも。
026
だけど。
027
だりゃ。
028
コラ。


毎日誰よりお腹いっぱい食べてるのに、欲に勝てない2歳末っ子。
一言で表現するなら“残念なタイプ”。


今はコレだけど、2~3年経てばいい子になってる予定。(は未定で希望で絶望)