ゆっくりと日常にまき戻る時間。
泣こうがわめこうが、ゴハン食わさな猫は死ぬし、やらなきゃいけないことはたまっていく。


そして、
IMG_6339
ごまたんの調子が相変わらず悪い。


下痢までいかない軟便や、嘔吐までいかないお腹の張りが、あったりなかったりなかったりあったり。
調子いい日が続いたと思えば、突然「ゴハンいらない宣言」。


ふわふわした状態が続いていたごまたん。
張り付くレベルで様子見をしていたものの、夕べ深夜から連続嘔吐。
なのに、今日はかかりつけ病院がお休みときた。


どうしようかと迷ったけれど。
IMG_6456
毛並みもパサって、痩せたお体。
IMG_6460
もともとキューティクルゼロの粗悪品な毛皮だったのが、今や使い古した雑巾以下。


ダスキンモップよりゴミ吸着。


絶対ほっといたらダメな状態。
年中無休の大病院の方に駆け込んで、脱水用の点滴と胃薬と吐き気止めを処置してもらった。
明日はかかりつけ病院に行こうと思う。


帰宅後、廊下におりた瞬間思いっきりブチ切れられた。
でも、怒れるのは元気な証拠。
家についてからというタイミングもチキンな状況判断できてる証拠。
とりあえずは大丈夫。


<本編>
わがままぜいたくフルパワーごまたんは出されるゴハンに文句たれたれ。
おかげで「食べる?」と出した食事が余って余ってしょうがない。
下手したら気持ちにヒットするまでいくつか開けるので、何皿も新品が残ったりもする。


最近は、ごまたんのゴハンをあげていることに気が付くと猫どもが下でスタンバイ始める始末。
お残り頂こうとお腹減らして待っている。


でも。
今日は病院で騒いだからか、大人しく出されたものを食べたごまたん。
とにかく空腹だった模様。
ミャウミャウのパウチを、半分食べた。


少ない残りはおすそ分け。
IMG_6330
そういうとこは(ずる)賢い爺が1番ゲット。
ワシ待ってた。
ワシ食べたかった。
ひとりでもぐもぐいく。
IMG_6331
よく見りゃ闇の中2番手あじくんスタンバイ。
IMG_6332
自分もちょびっといただきたいッス。


おりこうあじくん。
うーの終わりをじっと待つ。
IMG_6334
そこにとうじょう。
みんなのぼく。
ぼくそれたべるからみんなどいたらいいきもち。


順番守る気一切なし。


IMG_6335
すぐおいしい。
IMG_6336
すごくおいしい。


納得したころには、
IMG_6338
カラの皿。


残してやれよ。


鬼かあいつは。
お皿テッカテカのツッヤツヤ。
次のゴハン時は、あじくんに少しおすそ分けするからね。
坊主に打ち勝って食べるのよ。