冬がもうすぐそこまで来ている。
明け方の寒さはなかなかどうして無視できないものになってきた。


秋の終わりからだらだらとつけていたエアコンはついに本格稼働。
今から本気出してたら電気代は恐ろしい予感しかしないが、すでにごまたんの治療費が一桁違う衝撃を与えてくれてるので問題無。
はなは今、気にしたら負けの世界で生きている。


だけど、そうはうまくいかないのが猫という生き物。
暖かいところでヌクヌクしていてほしい大本命ごまたんは、少し体調がよくなったおかげもあって無暖房の1階をウロウロ廊下をウロウロ階段でオチョコン。
すごく冷えてこないと2階には帰ってこない放浪生活を楽しんでいる。


日に何度ももたもたと階段を上下する姿は、頼もしさと頼りなさが紙一重で困る。


じゃあ、エアコンちゃんは誰を温めているのか。
誰のために頑張っちゃってくれてるのか。


まず、
img_3337
めでたく緑からピンクになった骨折坊主。


そして、
img_3332
その姉。


そして、
img_2425
その愛人。
img_2418
愛人が愛するおっさん。


そのあたり。


君らは自家発電でいけるるんじゃねえのと思わなくもないラインナップ。
img_2429
じー。
img_2428
じー。

img_2426
うんぜったいいける。
img_2433
おまえもな。


視力以外はA判定のおっさんに、元気溌剌なちびふたり。
むちむち灰毛は今年も全力でムチってるし。
あじくんなんて、先日のにゃんドック(健康診断)で異常ゼロの若さ溢れる結果をたたき出したばかり。
ねこもり家のぴっちぴちな方そろい踏み。
img_2435
じゃあ、ひ弱なワシはいいんじゃな。
白爺、かれこれずっと辛抱強くあそこの腕の空き待ち中。


そうだね、爺はここにいようね。
ガラスでチキンで心筋症なハートは大事にしないとだめだからね。
img_2437
ワシ、もうずっとここで待っちょる。
ワシも腕枕してほしくてずーっと待っちょる。


もうそろそろ、
img_2436
ワシ、先に召されちゃう。


ちょっとあじくん代わってやって!


皆さま、体には十分注意して冬を迎え撃ちましょう。(撃つの?)