まめの巣の上の天袋はルナ様のエリア。
気分屋のルナ様が最後の最後に帰る場所。


なんせ高くて管理がしにくい天袋。
マットレス置いたり布団置いたり試行錯誤してみた結果、

ピンクのふかふか毛布にトンネル型ハウスふたつで落ち着いた。

ハウスをお気に召したルナ様。
小ちゃな体を丸めて奥におこもりするのがマイブーム。


そこに登場。
ある日のちーちゃん。

ぼくの・・・おめめが・・・。
もにもにもにもに。

だんだんとじる・・・。
まにまにまにまに。


夕暮れ時にお目目が閉じる大ピンチ。


今日はちびたちの追いかけっこに混ざって走った。
ねずみも追いかけた。
おやつも食べた。
お昼寝だけはし忘れた。


限界よろしくメカドックちーちゃん。
目指した先は、すぐ目の前のルナ様んち。


お留守のルナ様。
あいてるハウス。
ちーちゃんは思う、「すこしだけおやすみさせていただきたいきもち」。
そっと入って横になる。

ここすてき。
ぼくにぴったり。

肉の圧にハウス完敗。


もとの形がわからないほど変形したルナ様ハウス。
同じように丸くなって入っただけなのに、ハウスに高さがなくなるミラクル。
みっちり詰まった肉には勝てん。


ルナ様使用が数カ月。
ちー乱入で1時間。


昨日まで今まで通り入れてたハウスは、

もう、膨らまない。


ルナ様、ごめん。