ちびどもはついに学習した。


“おいしいものはキッチンからやってくる”



だから、暇さえあればキッチンの近くでうまいもの待機。

ささみもおさしみもだいすきなぼく。
カガヤク瞳はあふれる期待。

ごみ箱下には転がるメロリン。


・・・そんなとこで何してんのアンタ。


キッチンでうまいもの待ちすること数十回。
思わず踏まれたこと数知れず。


学習した彼女は今、



最強の城を手に入れた。