みんな大好きいい子のあじくん。
人に対しても社交的で、猫に対しても協調性があって面倒見がよく、本当に手のかからない賢い子だ。
癖の強い兄ちゃん姉ちゃん猫ばかりの末っ子を8年も上手にやってきたのはやはり伊達ではないらしい。
それなのに、8年越しに入ってきた弟分があんなので、非常に申し訳ないとはなは思っている。
いい子あじくんの苦労は、まだまだ終わる気配はない。

 
そして。
“あんなの”呼ばわりがなんだかしっくりきちゃうやんちゃ坊ちーも、やっぱりあじくんが大好き。
新米猫が入ってくることすら珍しくもないと思ってる兄ちゃん姉ちゃん猫は、ちーが来た時もびっくりするほど素通りだったけど、あじくんはその存在にびっくりして、毎日毎日ケージの中の小さいちーを見に来てた。
シャーシャー叫んで警戒してたのがいつしか言わなくなり、ケージ越しに縋ってくるちーを舐めてやるようになって。
ちーがケージからでれるようになってからは、どうにもこうにも成長の遅かったちーの面倒を一生懸命みてくれた。
ライがやるほど上手にできなかったそれはとても育児とは言えなくて、パパにはなれずに年の離れた兄で落ち着いちゃったけど、それでも、その気持ちがしっかり伝わってるちーは、大きくなった今もあじくんが大好きだ。
それはもう、
045
ちょっと迷惑なくらいに。

 
他の兄ちゃん姉ちゃん猫にやったらカチキレられるようなことも、あじくんにはへっちゃらこいてするちーちゃん。
よく言えば、信頼してる。
悪く言えば、調子こいとる。

 
今日のちーちゃんはプロレスごっこがしたくて、眠たいと嫌がるあじくんにしつこくまとわりつく。
043
ねえ、あそぼうよ。
046
やっちゃうぞ。

 
あじくんの抵抗がゆるいのをいいことにしたい放題。
頭つかんでケリケリ。
マウント取って耳ガブー。

 
でも、あじくんはその一瞬を待っていた。

 

 
言ってもきかない横着坊主は、
049
喉を一撃で仕留めるべし。

 
048


047

 
のどキメられて前に行けない横着坊主。
051
左も無理。
053
右は向くことさえ無理。

 
さあ、どうする?!
054
・・・ぎぶあっぷ。
055
カーンカーンカーン!
K.O!

 
あじくん勝利。
おめでとうございますありがとうございます。
やはり正義は勝つのだよ。

 
やっとこれでゆっくり寝られる。
062
くたびれた負け犬ちーも、一緒に寝んね。
起きたら2回戦開始とか思ってないことを祈る。

 
K.O時に上げなかった勝利のこぶしは
065
寝ながら後ろ足で代用。
064
なんじゃこれ。
通りがかりのうーも思わずガン見。

  

 
063
こまけぇこたぁ気にしないタイプ。