冷蔵庫の中にはもやしとスライスチーズしかないのに冷やし中華が食べたくなったので、

買い物に行くことにした。

今年初めてだなーなんてうきうきしながら帰ってきたら。



こたつがシッコテロの海に沈んでいた。



防水カバーさえ乗り越えて浸透するこっちゃんのシッコテロ。

恐ろしい・・・恐ろしすぎるわ。

そんなすごいなんて、もうそれ、シッコじゃないんじゃね?

シッコの臭いと色と性質もった違う何かじゃね?

でも、それだけ類似してるならもうそれってシッコじゃね?

要するに、

やっぱりそれはシッコなんじゃね?



でもこたつにされるの久しぶりだ。

なんせ今年は布団がメインターゲットだから。(泣



シッコされたこたつ布団とカバーを引っぺがし、早々に洗濯機にぶちこむ。

残されたのは、



剥き身のこたつ。



まず、れんが



ハマる。

が、



軽やかにに脱出。

真ん中のセーフティーゾーンにうまく乗る。

さすが身軽なデブ。(失礼



続いて、あじくん。



ハマる。



止まる。



沈んでいく。



必死の脱出。



一度で懲りたあじくん。

「こたつは乗るものじゃない、入るものだ」

気づいてくれてよかったわ。



剥き身のこたつ、



すでにしっちゃかめっちゃか。



でもまだ、

大本命が残ってる。





呼んだ?



みんなわかってないからぼくが教えてあげる気持ち。



ここに乗って、



ここから下りて、



ここから上がる。



それでもって、



ここで足を踏み外して、



こうハマると抜けられないから、

ちょっと助けてな気持ち。


 

 

 
ウキャウキャ遊ぶ弟妹を見つめるこっちゃん。



おれのおかげだ。

感謝せいやー!


 

 
するか!ボケぇ!(涙